目の真下や口の周りの皮膚がたるみ、深さがあるシワが出来るのは、加齢に伴うお肌のたるみと関わりを持っているのです。

肌がたるむという事は、弾力が無くなった分、お肌自身の重みで下の方へ引っ張る力が作用する為です。

皮膚のたるみは、老け込んでいるように感じられる要因になります。

何より目の真下の皮膚は老け込んで見えてくるので対処が必須です。

表情筋が表皮を支えていられ無くなったり、老廃物が蓄積するとたるみが増大します。

目のまわりの代謝を活動的にして潤いや老廃物を排出し、顔の筋肉を鍛え上げる方法で、皮膚は締まります。

表情筋をあまり動かさないような生活を送っていると、筋力はじわじわ弱って行くようです。

お喋りをすることが多くない人、表情があまり変わらない人は、表情筋の活用頻度数が少なくなります。

鏡で自身のお顔を見て、表情をいろいろと変えてみるなど、口を大きく動かして声を出してみましょう。

皮膚がたるみ易い理由に、新陳代謝が良くない事が考えられます。

日々の肌のお手入れに加えて、週1のパックケアなどをやって、肌の状態の改良にとりくみましょう。

血のめぐりの良い状態になることから、肌の質を正常化する事が期待できるので、マッサージやストレッチ体操も最適です。

あわただしい朝方は簡単なお手入れになったとしても、夜は美容クリームやマッサージオイルを利用して、手間を掛けて肌をいたわる事も大切なことです。