美しい肌にいいとされている成分がコラーゲンとヒアルロン酸で、美容コスメにおいてもいろいろと配合されています。

コラーゲンやヒアルロン酸は、美しい肌に良い成分とし一般に知れ渡っていますが、実際にどういった影響を与えるのでしょう。

肌は表面から表皮、真皮、皮下組織で形成されていて、肌の真皮層にコラーゲンがあります。

肌のコラーゲンは網の目みたいに張り巡らされていて、肌の弾力感と張りのある感じで支えになっています。

コスメでコラーゲンを塗った時にはうるおい効果を発揮させるため、お肌の乾きが心配な時に合っています。

コラーゲンそのものは高分子の成分のため、肌の外面に付けても奥には届くことはなく、網目繊維の一部分としてはならないようです。

このことから、体内に取り入れることの出来るコラーゲンもあって、サプリとし売られており人気の製品となっているのです。

ヒアルロン酸は少しの量で多くの水分を保持する事ができる為、お肌のうるおい専用のクリーム等にも使用されます。

ヒアルロン酸が配合されているコスメを活用することで、うるおい作用がアップすることからモイスチュア対策になります。

分子が大き目の成分のためお肌に定着しないのですが、分子を縮小してた加水分解ヒアルロン酸は角質層に至るまで浸透をします。

分子量により与える箇所が異なるので、コスメにどれほどのヒアルロン酸が含まれているのかチェックをして選択するといいでしょう。

お肌をきれいにキープするには、乾きを防御し、うるおいを行うことが重要なので、ヒアルロン酸やコラーゲンの性質を把握することは大切です。